• トップ
  • トピックス
  • 【重要】ロシア首相府は3月18日0時(現地時間)から5月1日0時まで、外国人(全ての国籍が対象。一部例外除く)の入国を一時的に制限する措置を発表しました。

【重要】ロシア首相府は3月18日0時(現地時間)から5月1日0時まで、外国人(全ての国籍が対象。一部例外除く)の入国を一時的に制限する措置を発表しました。

2020/03/17

●3月18日0時(モスクワ時間)から5月1日まで,外交官及びその家族やロシア連邦に常に居住する者等を除く全ての外国人はロシアへの入国ができなくなります。

●3月18日以降,ロシア査証の申請,受理及び電子査証の申請が一時的に停止されます。

●外国人がロシアから出国することは可能です。

●ロシア首相府は3月18日0時(現地時間)から5月1日0時まで、外国人(全ての国籍が対象。一部例外除く)の入国を一時的に制限する措置を発表しました。ロシア首相府HP http://static.government.ru/media/files/wwGGarWzAuGcDRw4OFHBfkInXcpD0ZPu.pdf    
●ロシア入国を伴わない航空便トランジットの乗客は本件措置の対象外です。
●3月18日からロシア大使館及び領事館におけるロシア査証の受理、作成及び発給も一時的に停止されます。電子査証についても18日から申請が一時的に停止されます。
●連邦レベルだけでなく,地方レベルでの対処も急に発表されることがありますので、ご留意ください。

※5月7日申請から復旧する見込みでしたが、状況が刻一刻と変わっています。
ロシアでは5月1日までとされていた外国人の入国制限の期日を決めず延長することとしました。
そのためいつ入国が可能になるか現時点では(5月31日)不明です。
新しい情報や申請再開日が決まりましたら、当サイトで告知いたします。

 
1. これまでロシアは感染が拡大している中国、イタリア、イランといった国の国籍者のみを対象に入国制限措置を執っていましたが、ロシア首相府は16日、3月18日0時(現地時間)から5月1日0時まで、外国人(一部例外を除く)の入国を一時的に制限する首相命令を発表しました。なお、入国を伴わない航空便のトランジット乗客は本件措置の対象外とされています。
 
2. 一部例外を除き、3月18日から外国に所在するロシア大使館及び領事館での査証の受理、作成及び発給や電子査証の申請も一時的に停止されます。
 
3.モスクワ市は16日、地上を走る公共交通(バス、トロリーバス、路面電車、電気バス)において、車内での運転手からのチケット販売を一時的に停止する措置や、4月10日まで文化、運動、スポーツ、展示、娯楽、啓蒙活動の分野において、市民の参加するあらゆる余暇活動について、屋外での全てのイベント、屋内では同時に50名以上の参加者で実施することを禁止する措置を発表するなど、連邦レベルに限らず、地方レベルにおける対処についても急に発表されることがありますので、ご留意ください。
モスクワ市HP https://www.mos.ru/news/item/71048073/

在ロシア日本国大使館HPhttps://www.ru.emb-japan.go.jp/itpr_ja/coronavirus.html
在ウラジオストク日本国総領事館HPhttps://www.vladivostok.ru.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.htmll

※5月7日申請から復旧する見込みでしたが、状況が刻一刻と変わっています。
ロシアでは5月1日までとされていた外国人の入国制限の期日を決めず延長することとしました。
そのためいつ入国が可能になるか現時点では(5月31日)不明です。
新しい情報や申請再開日が決まりましたら、当サイトで告知いたします。

 
ロシアにおける新型ウイルス対策:外国人の入国制限措置(追加情報)

●3月16日,ロシア政府は,3月18日0時(現地時間)から5月1日まで,日本人を含む外国人のロシアへの入国を一時的に制限する内容の政府決定を発表しました。
●18日以降もロシアに入国できる「ロシア連邦に常に居住している者」とは,ロシアにおける永住許可証(Вид на жительство)又は一時居住許可 (Разрешение на временное проживание)をお持ちの方を指します。
●日本人を含む外国人がロシアから出国することは可能です。



16日付けの政府決定では,3月18日以降も例外的にロシアに入国できる外国人として,トランジットの場合や,外交官,国際線の乗務員,「近親者の逝去を理由として発行された外交・公用・一般査証を有する者」のほか,「ロシア連邦に常に居住している者」が挙げられています。この「ロシア連邦に常に居住している者」についてロシア当局に確認したところ,ロシアにおける永住許可証(Вид на жительство)又は一時居住許可(Разрешение на временное проживание)を持っている方を指すとの回答がありました。したがって,ロシアのマルチビザに基づき駐在や留学等されている方は,一度ロシアから出国した場合,5月1日以降までロシアに再度入国できなくなりますので十分ご注意ください。

 
◆お申込み済みのビザ及び料金について

ロシア入国制限の措置が現地時間16日22:00、日本時間17日未明に発表されました。

〇3月16日までに在日ロシア連邦大使館領事部に申請済みの方(15日までに弊社にパスポートが到着していた方)
→ビザが発行されますが、3月18日~5月1日までロシア入国は出来ません。
→料金は全額発生します。(残念ながら領事部で申請が受領された後のご返金は出来ません。)
→申請済みのビザの変更は出来ません。
→ビザの内容を変更したい場合は5月7日以降に再申請となります。(再度料金が発生します。)

〇お申込み済みで3月16日以降に弊社にパスポートを送付された方
→申請は行わずに到着したパスポートを返送いたします。
→料金は発生しません。(ご入金済みの方は返金いたします。)

〇お申込みフォームを送信されてパスポートをまだ送っていない方
→特にお手続きは不要です。
 
◆ビザ申請について
現在コロナウィルスによる渡航制限、ビザ発行制限期間中です。
今のところ5月7日申請より復旧の見込みですが確定ではありません。
4月中旬過ぎにビザ申請開始日が決まるという情報もありますが毎日刻々とロシアの状況が変わっています。
決定があるまでビザの申請が出来ません。
決定次第当センターのHPに掲載しますのでご確認のうえお手続きをお願いいたします。