ロシア渡航関連情報

<<前へ

ロシアビザ申請が再開されました。(観光・ビジネス)すべてのビザ

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシアビザ(ロシア査証)] 投稿日時:2020/10/20(火) 13:25

ロシアビザの申請が10月19日より再開されました。
観光ビザ、ビジネスビザ、その他のすべてのビザの申請が可能になります。

・入国日の3日以内に受けたPCR検査の陰性証明書(英文)が必要です。
 (海外渡航 PCR検査 英文 で検索すると複数の機関が出てきます)
・日本からの入国は直行便でのみ可能です。
・1年マルチ等、有効期間が残っているビザはそのまま入国が可能です。

*就労・就学等は内務省に登録等必要な可能性がありますので関係機関にお問い合わせください。
(通常のビザは特に登録不要です。)

にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

日本からロシアへの入国制限の緩和、定期航空便の再開

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2020/10/16(金) 14:14

【ポイント】
●14日、ロシア首相府は、日本に在住する日本国籍者等のロシア入国が,それぞれ所持する査証の条件に従って可能となると発表しました。
●また、ロシア首相府は11月1日からモスクワ-東京(週2便)、ウラジオストク-東京(週1便)を再開すると発表しました。
●実際の査証申請受付や空港等での運用の開始については、確認作業を進めていますので,追ってご連絡します。
●なお、渡航直前3日以内に受けたPCR検査による陰性証明携行義務及び労働活動を実施することを目的としてロシアに入国する外国人(含む同伴家族)へのロシア入国後14日間の自己隔離義務が課される点に変更はありません。


【本文】
(1)10月14日、ロシア首相府は、3月18日に発効した外国人に対する入国制限措置を課す政府令635-R号における適用除外国の一覧に日本を含める政府令を発表し、日本国籍者及び日本に定住する外国人で日本から渡航する者に対する入国制限が解除されました。

(2)これにより、これまでHQSの労働許可所持者など一定の要件を満たした外国人を除いて課せられていた入国制限は日本についてなくなり、査証カテゴリーによる区別なく、それぞれ所持する査証の条件に従ってロシア入国が可能となる見込みです。また,在日ロシア大使館などにおける査証手続きも再開される見込みです。なお、この政府令に基づく査証申請受付や空港等での運用の開始日付は、判明次第あらためて領事メールでご連絡します。

(3)なお、渡航に際しては、査証カテゴリーに関わらず、ロシアへの渡航直前3日以内に受けたPCR検査の結果として新型コロナウイルス感染について陰性であることを証明する文書(ロシア語又は英語のもの)の所持が引き続き必要です。また、労働活動のためにロシアに到着する外国人(労働査証所持者)については、14日間の自己隔離を実施する義務が課されていますのでご留意願います

10月14日付け政府令 http://government.ru/docs/40606/ 
3月18日発効635-R号 http://gov.garant.ru/document?id=73651180&byPara=1
※最下部の適用除外国一覧に日本が追加。

にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

ロシアにおける新型コロナウイルス対策:(外国人の入国制限措置の延長)

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2020/05/01(金) 10:28

●29日,ロシア首相府は現在導入されている外国人の入国制限措置を5月1日以降も期限を定めず延長すると発表しました。
●二重国籍又は外国における永住権を有するロシア国民が定住地に向けてロシアから出国する場合,一度に限り出国が許可されると明記されました。

1 29日,ロシア首相府は3月18日0時から5月1日0時までとしていた外国人の入国制限措置を,5月1日以降も期限を定めず延長すると発表しました。

2また,ロシア国籍者で他の国の国籍,外国における滞在証明又は永住権を確認する有効な書類を有するロシア国民が定住地に向けてロシア連邦から出国する場合,1度に限り出国が許可されると明記されました。

ロシア首相府HP http://static.government.ru/media/files/rUNwXiSXZs1NmLZauzAsdAIM3ppeWRAB.pdf

(参考)ロシア政府の発表によれば,モスクワ市内における感染者数は本30日(木)現在で,53,739人となっております。

にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

シベリア鉄道の旅でロシア料理を堪能 ロシアのレストラン事情②

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア・レストラン] 投稿日時:2020/04/07(火) 15:02


シベリア鉄道の旅でロシア料理を堪能

ロシアのレストラン事情②



前回「ウラジオストク~イルクーツク」ロシアのレストラン事情①をご覧いただきありがとうございます。
引き続き、後編②でも「ノボシビルスク~モスクワ」の素敵なレストランを13選紹介します!


Novosibirsk

ノボシビルスクへは2度目の訪問。
1度目は、ウラジオストク経由のs7のフライトでノボシビルスクへ、真冬の1月に-20度以下を体験しに行きました!

今回は、シベリア鉄道でイルクーツクから30.5時間ほど列車に揺られて(途中で休憩停車も数回あり)到着!
途中、列車の連結を見るなど貴重な体験もできましたよ!

ノボシビルスクは、シベリア最大の都市・中心地に位置し、人口は第3位と、大きな都市です。

Puppen Haus (ロシア料理ではじめてのパルムドールを受賞したレストラン)

店内は、オーナーさんの趣味で集められたアンティーク家具や人形がたくさんあり、テーブルによって全て飾り付けが異なる空間です。
確か4階建てで、4階まで階段で登った記憶があります。笑












おしゃれなサラダ 少し酸味が効いてます。




魚のすり身が入った優しい味のスープ



ジュリエン(ロシア風グラタン)
中には、鶏肉・サワークリーム・チーズがたっぷり入ってます。
キノコが入ってる場合もあります。

日本人好みの味です!




カーシャ(牛乳で煮たそばの実)
正直、かなり独特な味わったことのないような味で、好き嫌いが分かれそうです。




魚のフライ
ソースはスメタナ(サワークリーム)と共に。














各フロア、各テーブルでテーマが異なり、おとぎ話の中にいるような、全て可愛い装飾でした!
お料理もとっても美味しいので、一風変わったレストランへ行ってみるのも良いですね。

Address: Chaplygina St., 65/1, Novosibirsk 630099, Russia / +7 383 251-03-03
Website: http://puppenhaus-nsk.ru/









Park Café (おしゃれなカフェ)  

Pervomayskiy Skverの中にあり、ロシア料理はもちろん、ヨーロッパの料理が中心のオシャレなカフェです。
ちなみにNOVATNovosibirsk State Academic Theater)からも近いです。
英語メニューもありますよ!









ミックスベリーシェイク
外は-20度以下なのに店内は暖かいので、つい冷たいものを頼んでしまう





ボルシチ 付け合わせはスメタナ
サイドディッシュにベーコン入りのマッシュポテトと黒パン
すごく美味しいのだけど、友人のロシア人ママが作るボルシチが1番美味しいと思いました!






このお店は、おしゃれなこともあり、若者たちで賑わっていました。
昼間からお酒飲めますよ!

Address: Krasny Prospekt, 25/1, 1st floor, Novosibirsk, Russia / +7 383 310-90-70
Website: http://www.parkcafensk.com/





Yakitoriya(ジャパニーズレストラン)

ロシアに来て初のジャパニーズレストラン。

中心地にあります。
店内のライトはお魚仕様で可愛いです。






左から、炙りサーモンロール(487 RUB)
クリームチーズ入りサーモンロール(527 RUB)
きゅうり・アボカド入りとびっこロール(397 RUB)
うなぎロール(497 RUB)
どれもすごく美味しい!
個人的には、炙りサーモンロールの上のライムはいらなかったのかなーと思いました笑




エビマヨが乗った、ごまロール(値段忘れました)
これも美味しい!友人と全部ペロリです。





ストロベリーティー
ロシアのフルーツティーは、日本にもあればいいのになぁと思うくらい、フレッシュな果実がたくさん入っていて、すごく美味しいんです!
デザート代わりにもなりますね。






お寿司はもちろん、いろんな種類の日本食のメニューがありました。

日本で食べるザ・お寿司ではなく、創作寿司です。
それはそれで美味しかったです!

Address: Serebrennikovskaya St., 34, Novosibirsk 630099, Russia / +7 383 227-99-16
Website: https://www.yakitoriya-nsk.ru/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral










Chashka Coffee(空港カフェ)

トルマチョヴォ空港(OVB)の国内線ターミナル内、ゲートに入る前にあるロシアのカフェです。







シーバックソーンの紅茶

ロシアでは有名なオレンジ色のベリー!甘酸っぱくて美味しい!




コーヒーや紅茶、デザートはもちろん、軽食でペリメニなどもあります。



Website: www.chashkacoffee.ru









Yekaterinburg

ロシアの中央部に位置する大都市、エカテリンブルグ。
中心地から40km西には、ヨーロッパとアジアの境界線があり、ちょっとした観光名所にもなっています!
エカテリンブルグは、ヨーロッパとアジアが入り混じったおもしろい街です。

MOMO pan asian kitchenジャパニーズレストラン

このレストランは、スヴェルドロフスキー・オーブラストノイ・クラエヴェチェスキー博物館の近くにあります。
このネコの手と招きネコのような看板が店内にたくさんあります!







塩こうじに漬け込んで、ゴマダレとごま油で和えたアジのお刺身 400 RUBくらい




鴨とポテトと人参インゲンの和風、スイートチリソース 600 RUBくらい
※鴨は食べれないのでパス




クリームチーズのムースにサクサクのパイ生地をかけた初めての食感のデザート
本当にふわふわで美味しかったです!





店内には漢字やアジアンなデコレーションが多く、可愛かったです。

ランチタイムは、多くの若者で賑わってました!

Address: Karla Libknekhta St., 38A, Yekaterinburg 620075, Russia
 / +7 343 317-18-03

Website: https://momokitchen.ru/about







Restaurant Dubrovin in Hotel Tsentralny Yekaterinburg

このレストランは、ツェントラリニ バイ ウスタ ホテルズの1階に入っているソビエト料理が楽しめるレストランです。









乾杯は度数が高いお酒
私は、シーバックソーンのジュースで乾杯




オシャレに盛り付けられたフレッシュサラダ




牛豚のペリメニをディルのムースで




クランベリーとアップルのピロシキ
ここにきて初めてのピロシキ





メドビク:定番のハニーケーキ





最後はハーブティー
このグラスカバーは、シベリア鉄道内でも使用されているものと柄違い






どのホテルレストランもしっかりした料理がでてくるので、正直安心して食べられます。
通常のレストランと比べると、サービスはもちろんクオリティも高いです。
観光客だけでなく、地元の方も多く、店内はほぼ満席で賑わっていました。

Address: Yekaterinburg, st. Malysheva 74 / +7 343 312 22 11
Website: https://hotelcentr.ru/en/restaurants/restaurant-dubrovin/
https://www.dubrovin-rest.ru/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral








Republic of Tatarstan (Kazan)

タタールスタン共和国は、モスクワから東へ800kmのところに位置しています。
主な宗教は、イスラム教とロシア正教会であるため、街には多くのモスクや教会がみられます。
また、カザンにあるクレムリンでは、世界で唯一、クレムリン内にイスラム教モスクとキリスト教会の両方が立ち、平和のシンボルとされていることでも有名な街です。

Theater of national cuisine チアトル・ナツィオナリノイ・クフニ

タタール料理のレストランでランチを頂きました。
ここでは、マスタークラスの料理体験もでき、今回私たちは、伝統料理の「エチポチマク」を習いました!





サラダは、アジアっぽいソースベース





魚ボールと小麦麺が入ったスープ





クストゥブイ:小麦の生地の間には、甘めのマッシュポテト
ランチは小麦のオンパレード笑




こちらが体験でつくった伝統料理「エチポチマク」焼く前




完成!揚げてあるので、外はカリッとしていて、中は引き肉や玉ねぎが入っているので、
味としては肉まんのようで、日本人の口にも合う料理です!





小麦の生地を揚げて、砂糖で味付けしただけのシンプルなお菓子






奥がチャクチャク:ポン菓子のような食感に、はちみつでコーティングしてある甘いお菓子
手前がタルクシュカルベ:砂糖とはちみつを糸状にして△の形にしたお菓子
※お土産屋さんやスーパーでもたくさん売っていて、私も買って帰りました!






これまた重量感すごいのが出てきました!
ギョベディヤ:サクッとした生地の中身は甘いお米とレーズン、チーズが入った伝統料理。
お祝い事の席などで食べるようです!


これは何という名称か忘れてしまいましたが、煮たフルーツが挟まっていたような。。
とにかく甘かった!






タタール料理は、アジアとヨーロッパが入り混じったような、
でもどこかエキゾチックな料理でとても面白かったです。

モスクワからも近く、とても魅力的な街のひとつなので、是非訪れてほしいです。

Address: Shigabutdina Mardzhani St. 10, Kazan 420021, Russia / +7 843 562-00-25
Website: https://tatinterest.ru/restaurants_tnk
https://www.tripadvisor.ru/Restaurant_Review-g298520-d14720714-Reviews-Teatr_Natsionalnoi_Kukhni-Kazan_Republic_of_Tatarstan_Volga_District.html






Moscow

ユーラシア大陸の北半分を占める世界一広い国であるロシア連邦の首都、モスクワ。
社会主義時代に築かれた建築物が今もなお存在し、芸術や美術、歴史の街です。
今では、おしゃれなカフェやレストランも多く立ち並び、世界中から観光客も来ています。



TEHNIKUMチェフニクム(white rabbit family)

カフェやレストランが多くある、ボリシャヤ・ドミトロフカ通りに位置するオシャレなレストラン。
ボリショイ劇場からも歩いて5分くらいの中心部にあります!










サーモンマリネ 600 RUB くらい






奥:トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ 500 RUBくらい

手前:うなぎのタルティーヌ 550 RUBくらい





海老の天ぷら アジアンソース 600 RUBくらい






超人気店らしく、予約も多く、常に満席!
テクノっぽい音楽も流れていて、若者で溢れていました。
伝統というより、今風のオシャレなガストロパブですね!
値段も安く、料理も美味しかったです!


Address: Moscow, Bolshaya Dmitrovka str. 7/5 b. 2 / +7(499)136-73-36
Website: https://tehnikumbistro.ru/en/







Moments(Gastropub)

パヴェレツカヤ駅から歩いて5分のところに位置するガストロパブ。
アエロエクスプレスでドモジェドボ空港から到着する駅がパヴェレツカヤ。
オシャレな店内で、スタッフの方もフレンドリーで優しかったです。
私は、ランチタイムに友人と行きました!






シーバックソンティー(hot)
今まで飲んだ中でも一番濃厚で美味しかったです!
紅茶というよりジュースのような濃さ!




マグロのサラダ




海老のジェノベーゼソース
このお店で名物料理なだけあって、とても美味しかったです!
バゲットもついてきます。




一品料理は200~600 RUBほどでお手頃。
ただし、ロシア語のメニューしかなかったので、口頭で教えてもらうか翻訳に頼るかです。
こぢんまりとしたアットホームなお店で、スタッフの方もみんなフレンドリー!
また行きたいです!


Address: Tatarskaya St., House 7, Building 1, Moscow 115054, Russia / +7 499 530-17-68
Website: http://a-a-ah.com/moments





Garage Café in Garage Museum of Contemporary Art

ゴーリキー公園にある、現代美術館「ガレージ」内のカフェです。
赤の広場からは、車で15分ほどに位置します。
ここでは、現代美術の展示が楽しめ、1階にはショップやカフェが入っています。







シルニキ(白チーズのパンケーキ)ママレードとスメタナと一緒に 350 RUB
別名:トヴォロージニキ





今回は、朝食で利用しましたが、ここでは軽食やサラダだけでなく、しっかりとした料理もメニューもあります。


Address: 9/32 Krymsky Val st., 119049, Moscow, Russia +7 495 645-05-20
Website: https://garagemca.org/en/visit/cafe





Gorynich

オシャレな市場、ツェントラリニ・リノクから歩いてすぐの場所に位置する、グリル料理が楽しめるレストラン。
オープンキッチンで活気があります。










チャコールのような塩?がかかった、フワフワのチーズバター 550 RUB
バケットに合う(結局何だったのかみんなわからず、聞かず笑)





濃厚なカボチャのスープ 420 RUB




ビートルートのペースト 390 RUB
好き嫌いが分かれそうな味




牛フィレグリル 970 RUB
久しぶりにステーキ!ジューシーで焼き加減も最高でした




ベリーにサワークリームがかかったデザート 450 RUB
さっぱりして美味しかった






今までとはまた異なる、おしゃれなロシア料理が楽しめました!
また、テラス席も多く、夏場はテラスでお食事も気持ちよさそうですよ!


Address: Rozhdestvensky Boulevard, 1, Moscow 107045, Russia / +7 495 937-38-11
Website: http://gorynich.com/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral






Cafeteria at The Fountain (GUM)

赤の広場、グム百貨店の中にあるカフェ。






クリスマス時期に外で冷え切った体を温めようと、まずは紅茶




全然温まらないので、ボルシチも注文。





ここではお隣の有名なBosco Restaurantのアイスクリームも味わえるそうです。
紅茶を頼んだ時に付いてきたシュガーにBosco Caféって書いてあったことに納得。


Address: Red Square, 3, Moscow, Russia 109012 (2 level 2-3 line) / +7 (495) 995 8899
Website: https://gum.ru/
       





Jonjoli(ジョージアレストラン)

パヴェレツカヤ駅から歩いて7-8分の場所にあるジョージア料理レストラン。

ロシアの国旗が表に飾ってたから、てっきりロシア料理と思って入ったのに笑
ジョージア料理の他にも、しっかりロシア料理もあり、安心しました。







カモミールティー(ポット) 200 RUB




ビーフストロガノフとマッシュポテト 590 RUB
思っていたより、マッシュポテトの量多すぎやしませんか。
一人だったので食べきれませんでした。





ピスタチオとラズベリーのメレンゲロール 450 RUB
お姉さんおすすめのデザート、私は好きでした!
メレンゲの中はスポンジとホイップクリーム、ベリーソース。
ホイップクリームは甘すぎず、完食です。







ここは、モスクワにも何店舗かある人気のお店だそうで、店内は常に賑わってました!
家族連れや大人数での予約が多かったようで、予約なしで来店したら10分ほど待ちました。
一人客の私にもすごく丁寧に接客してくれて、とても感じの良いスタッフさんが多かったです。
英語メニューもあります!
ただ、注意点が1つ!
支払い方法がキャッシュのみ対応だったことです。

一応店内にもキャッシャーはあるようでしたが、使用する勇気はなく、かなりギリギリでした。笑
モスクワは、ほどんど電子化対応しているので、キャッシュのみ対応のレストランは珍しく、焦りました!
それ以外は、料理も本当に美味しく、スタッフさんも優しくて素敵なお店でしたよ!
是非行ってみてください!


Address: Bakhrushina St., 36/14/3, Moscow 115054, Russia / +7 495 959-20-65
Website: https://ch1ef.ru/restaurant/jonjoli






Ice cream at Gastronome №1 (GUM)

グム百貨店の1階高級スーパーの奥にある、アイスクリーム屋さん!
グム百貨店入ってすぐにあるアイスクリームより、スーパーの中にある、
ここが美味しいと事前にロシア人から聞いていたので、迷わずこちらから中へ。









ダブルを注文しようとしていたのに、まさかのシングルのみ対応。
写真は別日のものですが、ストロベリー食べ終わったあと、キャラメル頼みました。
1スクープ 100 RUBだった記憶が!






ストロベリー





クッキー&クリーム



Address: Red Square, 3, Moscow, Russia 109012 (1st floor 3 line)
Website: https://gum.ru/
https://gumrussia.com/shops/gastronom-1/






後半は、ノボシビルスク~モスクワまでのレストランを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

前半のロシア料理ともまた異なる料理にたくさん出会えました!
滞在中、気に入ったらついつい同じレストランやカフェへ行きがちな私ですが、今回は全部異なるところへ行けたのは冒険であり、新しい発見でもありました!

ロシアは本当に広いですねー!


同じロシアでも、全く異なる文化や伝統、料理があるんだなぁと改めて実感できました。
伝統料理も良いし、今はやりのオシャレなカフェやレストランで楽しむのも良い!
と思えるロシアの食事情でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!


みなさまも、是非ロシアの旅を楽しんで下さい!



にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村


 

シベリア鉄道の旅でロシア料理を堪能  ロシアのレストラン事情①

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア・レストラン] 投稿日時:2020/04/03(金) 14:17

シベリア鉄道の旅でロシア料理を堪能

ロシアのレストラン事情①

ロシアには、おしゃれなレストランがいっぱいあるのをご存知でしょうか?
シベリア鉄道で旅した私が行ったおすすめレストランを前半①・後半②に分けて紹介します。

まずは、ウラジオストク~イルクーツク(9選)、次回ノボシビルスク~モスクワの情報を載せますね!


Vladivostok

日本から2時間半で行けるヨーロッパ、ウラジオストクへは成田空港発の、s7(シベリア航空)で行きました。
現在ANAやJALの直行便もできて、より気軽に行けるようになりましたね。
ウラジオストクには、可愛いおしゃれで気軽にロシア料理が楽しめるお店がたくさんあります。



 Farm Restaurant Ogonёk (地産地消にこだわっているお店)                                             

農家料理の「レストラン オゴニョック」は、Adoria Hotel内の1階に入っているおしゃれなレストランです。
中に入ると1階はオープンキッチン、2階は大人数でお食事できる開放的なスペースが広がっています。
ホテルレストランなので観光客はもちろん、現地の方も多く利用していました。
英語・日本語のメニューもありますので安心です。

地元でとれた野菜・肉・魚の素材にこだわっているお店なので、どれもフレッシュでジューシーでとっても満足!
サービスもしっかりしていて、日本と比べると価格が安いのも嬉しい。

今回は準備して頂いたお料理だったので詳しい料金はわかりませんが、websiteにメニューが掲載されているのでチェックしてみてください。

せっかくだから、蟹食べたかったなぁ。


















オリーブやチーズも入ったサラダ



パン(炭やチーズ・オリーブ入りもありました)



ビーフステーキ(とにかくジューシーでボリュームがすごい)



デザート(ハニーケーキ・キャラメルケーキ・パブロバ)







料理も美味しく、スタッフの対応も良い、素敵なレストランでした!


Address: Partizanskiy Avenue, 44  Bdg 6, Vladivostok 690106, Russia / +7 423 230-20-45
Website: https://ogonekvl.ru/





 Lozhki Ploshki Pelmennaya(ペリメニ専門店)                

中央市場からスポーツ湾の方へ10分ほど歩くと、お店が見えてきます。
お店は地下1階にあり、階段を降りると可愛い緑の壁が見えます。








麺棒やペリメニを作るキッチングッズでデコレーションされている可愛い店内!
わくわくしますね。


ここはペリメニ専門店。
ペリメニとは、ロシア風水餃子とも呼ばれているロシア料理の中でも代表的なお料理です。
















サラダ(オリヴィエ) 200 RUB




お店のおすすめ、牛肉のペリメニをいただきました。320 RUB
付け合わせで、スメタナ(サワークリーム)をもらいました。
1皿税抜150 RUB~いろんな味・種類のペリメニがありましたよ!




デザートはロシアで人気のハニーケーキ、ベリーのソースが最高です。200 RUB




ハーブティー 60RUB
ロシアはお茶文化なので、食後は必ずと言っていいほど、紅茶またはコーヒーを飲みながらゆっくりとお話しタイム。









ペリメニ専門店ですが、ボルシチやピロシキなど、色々なロシア料理もお手頃価格で楽しめます。
今回私が頂いたお料理もトータル780 RUB(1,100円程)でお腹いっぱいになりました!
ウラジオストクへ行く際、是非行ってみてください!


Address: Svetlanskaya St., 7, Vladivostok 690091, Russia / +7 423 260-57-37
Website: http://lozhkiploshki.ru/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral











Khabarovsk

ハバロフスクへは、ウラジオストクからシベリア鉄道で11時間ほどで到着。
夜乗車して、朝到着!
ハバロフスクにも、多くのカフェやレストランがあります。


Amur Restaurant(ペリメニ作の体験もできるレストラン)                     

ハバロフスクではランチにAmur Hotelの1階に入っているAmur Restaurantへ行ってきました。
中心部に位置し、バス停「コオペラツィヤ」がすぐ近くにあり、便利なところにあります。

店員さんたちはみんなフレンドリーで気が利く、とてもスタイリッシュでおしゃれなレストランです。
地元でも人気店のようですよ!
メニューはロシア語表記の下に、英語表記もありました。










ここでは、ロシア料理・ペリメニ作り、自分たちで作ったものを食べられる貴重な体験ができました。



形の悪いペリメニを、可愛い女の子に持ってもらってせめてもの写真映えを。笑







サラダ



自分たちで作ったペリメニ
中身がブラックペッパーのみのものが入っいて、見事それに当たった人は幸運なんだとか。
通常メニューのペリメニは400 RUB前後。




ウサギ肉のオーブン焼き(下はたっぷりのマヨネーズソース)




キャラメルパイケーキ(さっくさくで甘くて、ラズベリーが最高に合ってた!)





バーカウンター越しに可愛いロシア人!
お酒いっぱい!
夜はライトも暗くして、ムードある店内に変わるみたいですよ。
是非今度は、夜にも来てみたいですね!


Address: Lenina, 29, Khabarovsk 680030, Russia / +7 421 223-33-23
Website: https://amurhotel.ru/index.php/restaurant/
http://restamur.ru/




Na Pushkina(ショッピングモールでアイスクリーム) 

駅に向かう途中に、Na Pushkinaというショッピングモールへ立ち寄ってみることにしました。
私は、アイスクリームを求めて。笑





ドーナツも可愛い




お目当てのアイスクリーム「мороженое」
これで200 RUBくらい。

ロシアは酪農大国なので、アイスクリームが安くて美味しいのです!


Address: г. Хабаровск, ул. Льва Толстого, 19 / 9
Website: https://www.napushkina.ru/










Blagoveshchensk

中国との国境地帯にあるブラゴベシチェンスク。
なんと川岸の対岸は中国。
この地域は、中国語の看板が多く、中華料理屋が多かったです。

名前がわからないレストラン 

申し訳ありません!!
今回入ったレストラン、悔しくもどうしても名前が思い出せません。。。


小物や店内もとても可愛く、おしゃれなレストラン。
お昼からみなさんワインを飲まれてました!






すでにテーブルにお料理いっぱい!




オレンジマリネのサラダ さっぱりとした味付け




茄子の引き肉巻き ガーリックが効いてます(みんなでシェア)




イカのクリーム煮込み あっさりしていて美味しかったです(みんなでシェア)




ボルシチ




グリルポーク スウィートチリソース





バニラアイスにチョコレートソース




とっても美味しかったです!
今回の旅で初めてのボルシチ。
お店や家庭によっても味が違うので、毎回楽しみです!













Chita

東シベリア南部に位置する、ザバイカリエ地方の首府チタ。
モンゴルが近く、今までのロシア料理とは見た目も味付けも違いました。
チタは仏教徒も多く、文化が入り混じった面白い街です!

Звезда Кочевника(ズヴョズダ・コチェヴニカ)                 

ブリヤートモンゴル料理とヨーロッパ料理が合わさったテイスト。
天井は高く、青いドームに星や星座が描かれており、プラネタリウムのようでした。
内装は、民族の文化・伝統を感じられるモンゴルっぽいデコレーションで、店員さんの制服も民族っぽくて良かったです!





















チーズやスモークした魚の盛り合わせ






ジュースはプルーンの味がしたような気がしました




サラダ ここにもスモークした魚 バルサミコ酢もかかってます





牛肉スープ・ナンとは違うパイのような食感 少し脂っこかったなぁ




Buuza 肉まんのようで肉まんではない笑
皮が分厚く、味付けも濃い味で、中々食べ応えありました!




サーモンと野菜のグリルはシンプルに美味しい




フルーツがたくさん入った紅茶






普段カジュアルにご飯を食べに来るというよりは、特別な日に、おもてなしに、ビジネスで来るような感じのレストランのようにも思いました。
中心地から少し離れた場所にあり、とってもゆっくりできました。
すぐ近くにチチンスキー・ダツァンというカラフルな仏教寺院があったので、わかりやすいです。
ランチに行きましたが、夜はまた違った雰囲気になりそうですね。
価格は、そこまで安くはありませんが、日本よりはかなりリーズナブル。

Address: Ulitsa Kurnatovskogo, 96, Chita, Zabaykalsky Krai, Russia 672012
Website: http://zvezdakochevnika.chita.ru/











Ulan-Ude 

ロシアの東シベリアに位置する、ブリヤート共和国の首都で、ロシアでも珍しい仏教国です。
更に、モンゴルと国境を接するため、モンゴル系のブリヤート人が暮らしていて、アジア的な文化や宗教が入り混じった面白い国です。
ロシアの中の共和国に初めて行きました!

Russian Old Believers' village in the Buryatia region of Siberia              

ここは、ブリヤート共和国の民族文化・料理を楽しみ、味わえる場所です。
ウランウデ駅から車で1時間ほど。
少し中心部からは離れていますが、絶対行ってほしい、面白い体験ができる場所です!
レストランというより民族文化を楽しめる施設ですね。
民族衣装をきた人たちが、お出迎えしてくれます。










中に入ってすぐにつくり始めてくれたのが、大きなフライパンで調理する、なんともシンプルな揚げパン!





具なしのピザのように、少しモチっとした食感で、どこか懐かしい味がしました。




魚とマヨネーズが挟んである、シーチキンのような味のパン




何だったかな。何を塗ったパンか忘れてしまいました。右に見えるオレンジはスモークした魚




蟹味噌みたいな色のものは、ひまわりの種のペースト。
少し苦くて、不思議な味がしました。




牛肉と野菜のスープ(シチーかな?)。色は濃いけど、優しい薄味。本当に美味しかった!




牛肉とじゃがいもの煮込み料理。
味は、日本の家庭料理、肉じゃがみないな味で、日本人好み!






自家製の度数の強いお酒
結構みんな酔っぱらってました
ロシア人はすぐに乾杯をする笑







ここでは、ブリヤートの伝統的な料理に加え、歌とダンスも楽しめます!
自力で行くのは大変そうなので、ツアーで行くのがおすすめです。
でも是非、ロシア料理とも異なる食事や体験を楽しみたい方に是非おすすめの場所ですので、行ってみてください!









 Restaurant Mergen   

ウランウデ駅からは、車で10分、中心部からは歩いて5分ほどのブリヤートビジネスセンターの中にあります。
ここでは、パスタやステーキもありますが、ブリヤート料理も楽しめます。








サラダ




「シュレン」ヌードル入りスープ 370 RUB
うどんのようなコシはないですが、久しぶりにアジア料理に近い、優しい出汁のきいたスープでした。




料理名はわかりませんが、ミートボールのようなお料理とピラフのようなぱらぱらしたご飯もの




チョコレートケーキ 100 RUBくらい


価格もお手頃で、サービスもよく、立地も良いのでおすすめです。
地元のお客さんも多かったのですが、落ち着いた空間なので、ゆっくり食事ができました。
気軽にブリヤート料理を楽しめるレストランです。


Address: Borsoyeva st., 19B Hotel Mergen Bator, Ulan-Ude 670000, Russia / +7 301 220-03-00
Website:http://xn--c1arek8dc.xn--p1ai/index.wbp?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral












LISTVYANKA
世界一の深さを誇るバイカル湖で有名な村、リストビャンカにも行ってきました。
ここは本当に大自然の見どころがいっぱい!

Tsarsky Restaurant in Zagorodny Hotel (レストラン「ロイヤル」)

バイカル博物館から歩いて10分ほどの、ザゴロドニーホテル内にあるレストランでは、シベリア料理が楽しめます。(バイカル博物館前にバス停があります)
また、バイカル湖にしか生息しない、オームリという魚料理も味わえますよ!
そして窓からは、バイカル湖の素晴らしい景色も楽しめ、テラスに出ることも可能です。











ロシアに来て初めての温野菜。しかも味付けが醤油!




オームリ(バイカル湖のみに生息する魚)のスープ




オームリの煮つけっぽい料理!脂がのっている白身魚。
臭みもなく美味しかったです!




クレープと練乳。ブリヌイのようなモチモチ食感のクレープ!





他の都市と比べると、カフェもレストランもすごく多いわけではないので、ホテルレストランが便利です。

Address: 664520 Russia Irkutsk Listvyanka Akademicheskaya str. 13
Website: https://eastland-baikal.ru/restoran-carskij











IRKUTSK

街並みが綺麗なことから「シベリアのパリ」と呼ばれる街。
世界一深い湖バイカル湖へと流れるアンガラ川で有名です。
また、日本の石川県金沢市の姉妹都市でもあるんですよ!


Chickeast Bar in Irkutsk Hotel                                  

イルクーツクホテルに併設されている、おしゃれなお肉料理が有名なお店です!
市内中心部にあり、目の前に広大なアンガラ川が広がっています。









ローストビーフと松の実のサラダ




ボルシチとガーリックのパン




牛ステーキと温野菜のグリル 400 RUBくらい




パブロバ(メレンゲのケーキ)







ここは、ソーセージやハンバーガーも有名なんだそう。
食後は、アンガラ川の方へお散歩!天気も良くて気持ち良かったです!


Address: Gagarina Blvd., 44, Irkutsk 664025, Russia / +7 395 225-05-55
Website: https://138bar.ru/?utm_source=googlemybusiness&utm_medium=link&utm_campaign=gmb







ここまでシベリア鉄道で丁度半分くらいの距離までの、各地で立ち寄ったレストランを紹介しましたが、いかがでしたか?
まだ半分の距離ですが、同じロシアでも地域によって全く異なる文化や料理が楽しめました!

余談ですが、ロシアのほとんどのレストランでは、ウエットティッシュを出してくれるところはありませんので、自分で用意するのがベストです!
紙のペーパーの用意があるところはありました。

後半は、ノボシビルスク~モスクワ間のレストランを紹介します!



にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  
«前へ