ロシア渡航関連情報 ブログテーマ:ロシア渡航情報

<<前へ

大使館からのお知らせ(陰性証明書にまつわるトラブル事例)

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2021/09/03(金) 09:07

在ロシア日本国大使館 rssa@mailmz.emb-japan.go.jp tricorn.net 経由

2:35 (6 時間前)  
To visa

●ロシア入国時には「ロシア到着予定時刻の72時間以内」に検査した陰性証明書の取得をお勧めします。
●日本入国時に必要な陰性証明書は、「検体採取日時から(ロシアから日本への)搭乗便の出発予定時刻までが72時間以内」のものです。航空会社や検疫所による記載内容のチェックは厳しく、記載漏れなどの理由で航空会社が搭乗拒否する事例が発生していますので、厚労省サイトと照合するなどして十分にご確認ください。

ロシアや日本へのフライト搭乗時や入国時に必要なPCR陰性証明書について、当館に寄せられたトラブル事例などを次のとおりお伝えしますのでご留意ください。

1.ロシア入国時
(1)ロシア入国時に外国人が求められるPCR陰性証明書は、法令上はロシア到着3日以内の検査となっています。ところが、機内配布される質問票には「ロシア到着時より72時間以内の検査」と明記されており、搭乗手続きの場でロシア到着時に72時間を超えるとして搭乗拒否されかけたケースが報告されています。このようなトラブルを防ぐため、ロシア到着予定時刻の72時間以内に検査するようお勧めします。
(2)ロシア人については、ロシア入国前の検査は求められておらず、入国後3日以内にPCR検査を受け、所定の携帯アプリを利用して報告することになっています。ご家族にロシア国籍の方が含まれる場合には、家族内で扱いが違う点にご留意ください。
(3)ロシア到着後は、入国手続きの後、預け荷物を引き取る前に、記入した機内配布の質問票を提出します。その際に、陰性証明書を提示することになりますが、提示を求められない場合もあります。また、無作為抽出検査の対象となった際には、その場でPCR検査の受検を求められますので係官の指示に従ってください(結果が判明するまで待機を求められるものではありません)。

2.日本入国時
(1)日本入国時は、日本人も含め全ての入国者が「出国前72時間以内の検査」を求められていますが、これは「検体採取時刻から(ロシアから日本への)搭乗便出発予定時刻が72時間以内であること」を意味しています。
(2)日本の検疫所は、陰性証明書の記載事項についても厳しいチェックをしており、それを航空各社にも求めています。ロシア国内の医療機関や検査機関で発行される陰性証明書は概ね日本の検疫当局が求める内容に合致していますが、氏名、検査法、検体の種類、採取日時、医療機関や検査機関等の必要事項について、記載漏れなどの理由で航空会社が搭乗拒否する事例が発生しています。陰性証明書を取得された際には厚生労働省の下記サイトの掲載事項と照合して不備が無いか確認するようにしてください。
・水際対策に係る新たな措置について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
・検査証明書の提出について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html


【問い合わせ先】
在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
メール:ryojijp@mw.mofa.go.jp   
HP:http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html


にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

日本における水際対策(モスクワ市に滞在歴のある帰国者・入国者に対する6日間の停留措置ほか)

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2021/07/15(木) 18:06

●7月18日(日)以降、日本入国日から起算して、過去14日以内にモスクワ市に滞在歴のある方は、入国後6日間は検疫所の確保する宿泊施設等で待機することが必要となります。
●モスクワ州、サンクトペテルブルク市、カレリア共和国、サラトフ州,ニジェゴロド州、サハ州に過去14日以内に滞在歴のある方は、入国後3日間の待機となります。
●上記以外の地域からモスクワ発東京行きフライトで日本に帰国する場合、これらの地域に滞在歴がないことについて、渡航者ご自身が日本の検疫所に説明していただく必要があります。

1. 7月15日、世界各地での新型コロナウイルス変異株の感染拡大を受けて、日本国政府はロシアを含む4ヵ国・地域を新型コロナウイルス変異株・流行地域に追加指定し、水際対策強化に係る新たな措置を発表しました。
○新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策上特に懸念すべき変異株等に対する新たな指定国・地域について
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C113.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100212931.pdf

2.(1)日本への入国・帰国にあたっての基本的な流れ(ロシア出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出、質問票Webへの登録、到着時のコロナ検査等)に変更はありませんが、過去14日以内にモスクワ市に滞在歴があり、7月18日(日)午前0時(日本時間)以降に日本へ到着する全ての方は、国籍に関わらず、入国後の6日間(入国の翌日から起算して6日)は、検疫所の確保する宿泊施設等で待機していただくこととなりました
また、モスクワ州、サンクトペテルブルク市、カレリア共和国、サラトフ州,ニジェゴロド州と、今回指定されたサハ州に過去14日以内に滞在歴がある方は入国後の3日間の待機となります。なお、「検疫所の確保する宿泊施設等」が具体的にどこの施設となるかは、事前には分からず、空港から当該宿泊施設へは検疫所が用意する車両で移動いただくことになります。
(2)モスクワ市に滞在歴のある方は入国の翌日から起算して3日目と6日目、それ以外の上記地域に滞在歴のある方は3日目に改めてコロナ検査を行い、陰性と判定された場合は、同宿泊施設を退所して、再び検疫所が用意する車両で到着空港に戻り、そこから公共交通機関を使わずに、ご自宅又はご自身で確保した宿泊施設に移動して、残りの期間(入国の翌日から起算して14日間)を自宅等で待機していただくこととなります。
(3)ロシアの上記以外の地域からモスクワ経由で帰国する場合、帰国便当日の国内線チケットの半券を提示する等、ご自身にて「モスクワでは空港から出ておらずモスクワでの滞在歴は無い」ことなどを日本の検疫所に説明していただく必要があります。地方都市からモスクワまで列車で移動した場合、モスクワ市内の駅から空港までの移動に際し市内を通過することから、モスクワ市での滞在歴があるとみなされる可能性があります。また、帰国便のモスクワ出発日と異なる日付の国内線のチケットを提示した場合も、宿泊を伴うことからモスクワ市やモスクワ州での滞在歴があるとみなされる可能性があります。つきましては、帰国便に搭乗するために地方都市からモスクワに移動される際には、帰国便搭乗日にシェレメチェボ空港
に到着する国内便のご利用をご検討下さい。
 詳しくは以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。
○水際対策に係る新たな措置(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1


【問い合わせ先】
在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
メール:ryojijp@mw.mofa.go.jp   
HP:http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html


にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

大使館からのお知らせ:日本入国時のスマートフォン所持(13歳以上)について

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2021/07/02(金) 10:24

【ポイント】
●日本入国時には,親が同伴する未成年の子であっても、13歳以上の方は個別にスマートフォンの携行を求められます。
●スマートフォンを携行していない場合は、到着空港の検疫所内でレンタルすることになります。

【本文】
 従来からお伝えてしているとおり、日本入国後の隔離期間中に使用する位置情報確認アプリなどをインストールするためにスマートフォン携行が必須となっておりますが、今般、帰国した邦人の方から「13歳以上の保護者同伴の子でもスマートフォンが必要となる」として、羽田空港の検疫手続においてレンタルを求められたとの情報提供がございました。当館から同空港の検疫所に確認したところ,保護者同伴であっても、13歳以上の方はスマートフォンの所持が必須であるとの回答がありましたので、一時帰国・帰国予定の方はご留意願います。

厚労省HP スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html
(検疫エリア内でのレンタルを実施している事業者の案内も記されています)

厚労省HP 水際対策に係る新たな措置について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
 【問い合わせ先】
在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
メール:ryojijp@mw.mofa.go.jp   
HP:http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html


にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

大使館からのお知らせ:日本入国時の陰性証明書の有効検体追加について

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2021/06/30(水) 10:27

【ポイント】
●日本入国時に提示が求められている「出国前72時間以内の陰性証明書」の採取検体に、ロシアの検査機関でも広く用いられている検体「Nasopharyngeal and oropharyngeal swabs(鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合)」が有効な検体として追加されました。
●これにより、日本検疫の指定フォーマットも更新されました。(旧来の指定フォーマットも引き続き使用可能ですが、今後取得なさる方は新フォーマットをご利用ください。)

【本文】
1. これまでは、日本入国時に必要なロシア出国前72時間以内に検体採取した陰性証明書(英語または英語併記。ロシア語のみは不可。)の有効な検体として「Nasopharyngeal swab(鼻咽頭ぬぐい液)」または「Saliva」(唾液)のみが認められていましたが、7月1日(木)0時(日本時間)日本到着以降は、新たにロシアでも広く用いられている検体「Nasopharyngeal and oropharyngeal swabs(鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液)」も有効な検体として追加されました。
改定された新指定フォーマット: 
https://www.ru.emb-japan.go.jp/202106302.pdf 

2. 検査機関にて我が国指定のフォーマットに直接記入してもらうことが推奨されていますが、困難な場合には検査機関が発行する任意の英文フォーマットの提示も可能です。その際には検体の表記が「Nasopharyngeal swab」、「Nasopharyngeal and oropharyngeal swabs」または「Saliva」のいずれかであること、検査方法がRT-PCRなど我が国指定フォーマットに記載されている検査方法であること、また、検査日時・氏名・性別・生年月日・旅券番号・国籍の記載に誤りがないことをご確認願います。

3.なお、当館からお知らせしている「GMS」で発行される我が国指定フォーマットの陰性証明書及びシェレメチェボ空港ターミナルDに所在する「Arhimed」で発行される任意の英文陰性証明書も引き続き有効であることに変わりありません。

厚生労働省HP「検査証明書の提示について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

【問い合わせ先】
在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
メール:ryojijp@mw.mofa.go.jp   
HP:http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html


にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  

日本における水際対策(モスクワ市、モスクワ州、サンクトペテルブルク市に滞在歴のある帰国者・入国者に対する3日間の停留措置)

 written by 管理人 ロシアビザセンター [ロシア渡航情報] 投稿日時:2021/06/28(月) 10:29

●7月1日(木)以降、日本入国日から起算して、過去14日以内にモスクワ市、モスクワ州、サンクトペテルブルク市に滞在歴のある方は、入国後3日間は検疫所の確保する宿泊施設等で待機することが必要となります。
●サンクトペテルブルク市以外の地方都市からモスクワ経由で日本に帰国する場合、モスクワ市及びモスクワ州での滞在歴がないことについて、渡航者ご自身が日本の検疫所に説明していただく必要があります。

1. 6月28日、新型コロナウイルス変異株の感染拡大を受けて、日本国政府はモスクワ市、モスクワ州、サンクトペテルブルク市ほか7ヵ国・地域を新型コロナウイルス変異株・流行地域に追加指定し、水際対策強化に係る新たな措置を発表しました。
新型コロナウイルス感染症に関するモスクワ市、モスクワ州、サンクトペテルブルク市他7ヵ国・地域に対する新たな水際対策措置(外務省)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100205094.pdf 

2.(1)日本への入国・帰国にあたっての基本的な流れ(ロシア出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出、質問票Webへの登録、到着時のコロナ検査等)に変更はありませんが、過去14日以内にモスクワ市、モスクワ州、サンクトペテルブルク市に滞在歴があり、7月1日(木)午前0時(日本時間)以降に日本へ到着した全ての方は、国籍に関わらず、入国後の3日間(入国の翌日から起算して3日)は、検疫所の確保する宿泊施設等で待機していただくこととなりました。なお、3日間の隔離を行う「検疫所の確保する宿泊施設等」が具体的にどこの施設となるかは、事前には分からず、空港から当該宿泊施設へは検疫所が用意する車両で移動いただくことになります。
(2)入国の翌日から起算して3日目に改めてコロナ検査を行い、陰性と判定された場合は、同宿泊施設を退所して、再び検疫所が用意する車両で到着空港に戻り、そこから公共交通機関を使わずに、ご自宅又はご自身で確保した宿泊施設に移動して、残りの期間(入国の翌日から起算して14日間)を自宅等で待機していただくこととなります。
(3)ロシアの地方都市からモスクワ経由で帰国する場合、帰国便当日の国内線チケットの半券を提示する等、ご自身にて「モスクワでは空港から出ておらずモスクワでの滞在歴は無い」ことなどを日本の検疫所に説明していただく必要があります。地方都市からモスクワまで列車で移動した場合、モスクワ市内の駅から空港までの移動に際し市内を通過することから、モスクワ市での滞在歴があるとみなされる可能性があります。また、帰国便のモスクワ出発日と異なる日付の国内線のチケットを提示した場合も、宿泊を伴うことからモスクワ市やモスクワ州での滞在歴があるとみなされる可能性があります。つきましては、帰国便に搭乗するために地方都市からモスクワに移動される際には、帰国便搭乗日にシェレメチェボ空港に到着
する国内便のご利用をご検討下さい。
 詳しくは以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。
○水際対策に係る新たな措置(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html 
○水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1 

【問い合わせ先】
在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
メール:ryojijp@mw.mofa.go.jp   
HP:http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/index.html


にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村  
«前へ